子供の便秘を軽くみてはいけない

頂点へ子供の教育 > 便秘 > 子供の便秘を軽くみてはいけない

子供の便秘を軽くみてはいけない

 

子供が熱を出したり、嘔吐や咳をしていたら大抵は病気を疑って用心したり医者にかかったりしますね。

 

トイレに座る幼児でも、子供が便秘だからといってそこまで心配する親御さんは多くないかもしれません。

 

子ども自身がうんちが出なくて苦しそうにしているなら別ですが、そうでないなら毎日排便をしているかどうかさえ把握していないことが多いかもしれません。

 

実は便秘は万病の元

 

便秘はすぐには体への影響がみえないので、つい軽く考えてしまいがちですが子供の健康にはダメージを与えています。

 

なぜなら便秘が続くことで子供の免疫力が低下するためです。

 

うんちをつくっている体の器官は大腸ですが、大腸の中にはたくさんの腸内細菌が存在していることはご存知かもしれません。

 

その数はなんと100兆個!

 

この腸内菌には、健康に良い影響を与える善玉菌グループと悪い影響を与える悪玉菌グループ、そして状況に応じて善玉にも悪玉にもなる日和見菌グループの3つがあります。

 

3つの腸内細菌善玉菌グループの数が多くて優勢なときは、免疫力が高く保たれ、外部からの病原菌に強い抵抗力のある状態です。

 

ところが便秘になると排泄されるはずの腸の内容物がいつまでも体内に残り、体温で温められて腐敗していきます。

 

これは悪玉菌の増殖につながり、悪玉菌優位の腸内環境が出来上がってしまうのです。

 

悪玉菌が優位になりだすと、例の日和見菌も悪玉に変化しますから、ますます腸内は悪玉勢力の天下になります。

 

これは健康面では大きく2つの悪影響があります。

 

ひとつは免疫力が低下して風邪などの病気にかかりやすくなります。

 

善玉菌が生成する酸によって腸内が酸性に保たれていれば、多くの有害な菌の攻撃を防ぐことができますが、その防衛軍が減ることで外部からの攻撃を防げなくなるのです。

 

4つの腸また悪玉菌が増えるとますます便秘になりやすくなります。

 

善玉菌の生成する酸は腸の働きをよくする効果がありますが、その効果が弱まることでさらに便が出にくくなり、慢性的な便秘につながることがあるのです。幼児の便秘にいい青汁とは?